ラブグラとは、女性の為のバイアグラとなります。不感症・絶頂不全の方が、性交渉の際の性的欲求や快感を満足させるために考えられたそうです。こんな有難い薬を使わない手はありません。

2017年01月の記事一覧

ラブグラの服用による育毛剤への影響

ラブグラは、インドの製薬メーカーAjanta Pharmaが提供している内服薬で、不感症や性的興奮障害の改善を目的としています。具体的な作用機序は、Cyclic guanosine monophosphateの分解を行っている加水分解酵素の5型Phosphodiesteraseの活性を阻害するという内容で、これにより陰茎部周辺の血管が拡張することで血流量が増加するという仕組みです。

なお、このラブグラは、ED治療薬として広く知られているバイアグラと同じSildenafilを主成分としています。この成分は、元々はアメリカで狭心症の治療薬として開発されていたもので、血圧を急激に低くするという作用があります。このために、著しい低血圧や高血圧の人は服用することを禁止されています。

さらに、ニトログリセリン系などの他の治療薬との併用も禁止されています。これは、下手をすると命にかかわる様な深刻な悪影響が及ぶ危険があるからです。これは、血圧が危険なレベルにまで低下する可能性があるというのが理由です。

なお、このために血管を拡張する様な作用を持つ医薬品との併用も同様に危険ということになります。ただし、だからといって範囲を広げ過ぎるのは適当ではありません。例えば、薄毛を改善することを目的とした育毛剤の多くは、血行を促進する作用がある成分を配合しています。これは、血行を促進することにより、毛母細胞が活性化されるからです。

この様な育毛剤の作用を考えると、ラブグラとの併用は思わしくないということになります。ただし、育毛剤は頭皮に塗布することによる限定した作用であり、併用することで悪影響が及ぶような心配はほとんどありません。

続きを読む